ソーシャル美人への道

自分メディアでビジネスモデルを確立せよ!

ソーシャル美人への道をお届けしております竹村玲奈です。

 

 

これからビジネスの在り方を語る上で「自分メディア」は欠かすことの出来ないものだと思います。

 

 

「自分メディア」とは、自らが情報を発信する媒体そのものであるということ。ある時は新聞であり、ラジオであり、テレビであり、またある時は雑誌のように情報を配信するということです。

 

 

 

 

iPhoneやiPad、スマートフォンの普及により、ソーシャルメディアが身近になった今、わたしたちはインターネットを情報収集としての場としてだけではなく、情報発信の場としても活用しはじめました。インフォメーションの時代からエクスフォメーションの時代へとシフトしているのです。

 

 

イン・フォメーションとは、その言葉どおり、内(イン)に形創る(フォーム)。外からの情報を受け入れて自分の中に認識を形創ることだ。それに対してエクス・フォメーションとは、外に(エクス)に形創る(フォーム)。自分の内にある認識を、外へ形創っていく。(神田昌典著:2022–これから10年、活躍できる人の条件より)

 

 

わたしたちはソーシャルメディアというものを通して、自らがメディアを持ち、自らが発信源になることが出来る、そんな時代に今いるのです。

 

 

 

 

わたしは大学生の時にカウンセラーとして独立し、小さいながらもサロンを借りて開業しました。わたしが独立することが出来たのは、サロンを開業する前からはじめた「ブログ」の存在があったからです。

 

 

もともとブログを書くことが好きだったわたしですが、そこで全国各地の方とコミュニケーションを取り、サロンが開業するまでをドキュメンタリーのように配信したことで、サロン開業当日までにたくさんの応援とご予約を頂いたことを今でも覚えています。

 

 

ソーシャルメディアを活用したことで、「サロン開業までの道程を応援する場」が自然と生まれたのです。今、振り返るとあまりにも運が良すぎるのですが、ひとつのプラットフォームがそこに存在していました。

 

 

情報を発信するということが当たり前になっている今、「誰に向けて、何を発信していきたいのか」を改めて考えることが大切になります。でも、その前にせっかくなら意識して「自分メディア」を持つことの重要性を考えていただければと思っています。

 

 

 

 

4月9日(月)「個人ビジネスのためのソーシャルメディア活用セミナー in 福岡 

〜個人ビジネスで継続して集客できる秘訣とは?〜 」を開催いたします。

▼「個人ビジネスのためのソーシャルメディア活用セミナー in 福岡」の詳細はこちら

http://www.shinoshin.com/coachjp/20120225.html

 

 

先日、東京で開催されたフォレスト出版主催のセミナーに参加した際、一番驚いたのは、10万円を超える高額セミナーにも関わらず地方からの参加者が多かったということです。九州だけでなく、沖縄からも参加されていました。他にも、京都、名古屋、大阪、広島、岡山の方もいらっしゃいました。

 

 

交通費、宿泊費をかけてまで「聞きたい!」「学びたい!」「成長したい!」そう思う方は、おそらく学びを行動に変えて、結果を出していくことになるでしょう。

 

 

そう考えると今回のセミナーはかなり特別なセミナーになります。東京セミナーよりも長い時間を共に過ごし、人数も限定された場所で、より濃厚な学びの時間を共有できればと考えています。

 

 

個人ビジネスにおいて「自分メディア」を持つことがどれだけ大切なのか、松宮さんのこれまでの経験と実践を踏まえてのお話になります。この話を聞いて、どう活かすかはあなた次第!

 

 

新年度を新たな気持ちでスタートダッシュができることを、心から応援しております!

 

 

▼「個人ビジネスのためのソーシャルメディア活用セミナー in 福岡」の詳細はこちら

http://www.shinoshin.com/coachjp/20120225.html

早期割引は本日(4月2日)までとなっております。どうぞよろしくお願いします。

 

 

それでは、今日も素敵な一日をお過ごし下さいませ。

 

ABOUT ME
竹村玲奈
ブロガー/SNSアドバイザー 2011年よりfacebookをはじめ、1ヶ月半で友達の数が5,000名となり話題となる。2015年にはニュージーランド政府観光局「#NZ旅を発信せよ!」ジャパンインフルエンサーのひとりとして選出される。 夢は世界のホテル&ホテルスパに行くこと。現在は、ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、プロモーションを行う。