竹村玲奈コラム

【00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)】台風19号 災害時無料wi-fi が解放されています。無線LANへの接続方法は簡単!

00000JAPAN 接続方法について

6月18日(月)15:00より【00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)】が発動されました。(※詳細は後ほど説明します!)

簡単に言いますと、非常時に携帯キャリアの垣根を超えて、無線LANに接続できるサービスになります!

【00000JAPAN】接続方法は?

接続方法は簡単です!

  1. wi-fi をONにする!
  2. 「00000JAPAN」のSSIDを選ぶ!

この2ステップだけです。

携帯電話やスマートフォンが長時間利用できない地域が無料開放の対象地域となる。また、自治体等からの要請に基づく場合には、当該の災害対策本部が定めるエリアが対象地域となる。

 

あなたのスマホを確認してみてください。
ネットにつながらないことで不安になることもあると思います。
ご家族との連絡などにお役立てください。

 

【00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)】とは?

K氏
K氏
この情報はみんな知っておいた方が良いと思うよ
レナレナ
レナレナ
初めて知りました!さっそくシェアします。

 

災害用統一SSID「00000JAPAN」紹介動画

 

「00000JAPAN」はいつ発動されるの?

有事の際には72時間を目処に対応されているそうです!

 

現在、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・静岡県全域の状況

● KDDI株式会社/株式会社ワイヤアンドワイヤレス(発動中)
発動日時: 10月11日18時より順次

提供場所: 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・静岡県全域
関連URL:
・KDDI:
http://disaster.kddi.com/category/312#article-419
・ワイヤ・アンド・ワイヤレス
https://wi2.co.jp/jp/3974/

 

● ソフトバンク株式会社(発動中)
発動日時: 10月11日20時より順次

提供場所: 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県・静岡県(各都県全域)
関連URL:  https://www.softbank.jp/corp/news/info/2019/20191011_02/

 

● 株式会社NTTドコモ(発動中)
発動日時: 10月11日22時より順次

提供場所: 東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・茨城県・静岡県・群馬県・長野県・山梨県 全域
関連URL: https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/191011_01_m.html

 

利用する際にあたっての注意点
「00000JAPAN」を選択いただくことでWi‐Fi通信が無料でご利用いただけます。
 ※FREE Wi-Fiを安全にご利用いただくための注意点として、クレジットカード情報や
個人情報などの重要な情報をやり取りすることはお控えください。

 

災害用伝言ダイヤル「171」 も忘れずに!

聞いたことがある方も多いと思いますが、一応こちらにも掲載しておきます。

伝言の録音方法

  1. 「171」へダイヤル
  2. 録音される方は1(いち)」
    暗証番号を利用する録音は3(さん)」をダイヤルして下さい。
  3. 被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。

伝言の再生方法

  1. 「171」へダイヤル
  2. 再生される方は2(に)」
    暗証番号を利用する再生は4(よん)」をダイヤルして下さい。
  3. 被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。

あとがき

こちらの災害時無線LAN無料解放は世界初の取り組みだそうです。
ぜひ、お知り合いの方や大切な方に教えてくださいね。
知っておくことで、もしもの時の連絡や情報収集に役立つはずです!

静岡県全域、これから台風の暴風域に入る方、
まずは安全第一ですが、身を守って、情報を得てください。
また追加で情報等お届けできたらと思います。

 

ABOUT ME
竹村玲奈
ブロガー/SNSアドバイザー 2011年よりfacebookをはじめ、1ヶ月半で友達の数が5,000名となり話題となる。2015年にはニュージーランド政府観光局「#NZ旅を発信せよ!」ジャパンインフルエンサーのひとりとして選出される。 夢は世界のホテル&ホテルスパに行くこと。現在は、ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、プロモーションを行う。