ソーシャル美人への道

読むだけで新年度スタートダッシュが決まるブログ!

ソーシャル美人への道をお届けしております竹村玲奈です。

 

 

昨日、開催されたフォレスト出版主催のセミナーに、カメラマンとして参加いたしました。4人の講師はみなさま、その分野で一線を画していらっしゃる方ばかり… 実践、マインド、生き方にダイレクトに触れるお話ばかりでした。

 

 

 

 

拍手とともに登壇される姿を拝見して、興奮して鳥肌が立ちました。これからまた新しいステージへの扉が開かれ、何かがはじまるそんな期待感でいっぱいになりました。

 

 

 

 

松宮先生スタイルで講演がはじまりました。シンプルマッピングも用意されており、参加者の方も自分にとって何が必要で、何を活用したらよいのか、頭の中を整理しながら講演を聞くことが出来たと思います。

 

 

 

 

自分メディア(オウンメディア)を持つことの意味、今あるものをどう活かしていくのかというお話もありました。facbeookをはじめとするソーシャルメディアをどう活用するか、ブログについてもお話されて、かなり実践的!!

 

 

これからますますスマートフォンが普及し、当たり前のようにソーシャルメディアが浸透する中で、あなたはどんな風に「自分メディア」を育てていきたいですか?「稼げるパーソナルブランディング」についての、松宮先生のお話はとても考えさせられる内容でした。

 

 

 

最後にはパネルディスカッションが開催されました。講師それぞれの考えを知るチャンス!とても刺激的で実践的なお話が聞ける時間でした。

 

 

松宮さんがセンターに座るという展開に思わずテンションが上がりつつシャッターを切りました。(登壇順で座っているんですけどね〜♪ 松宮先生何か持ってます!笑)この並びも結構意味があったんじゃないかな〜とひとり納得していました。(その理由は会った方だけにお話しようと思います♡)

 

 

 

 

ある質問に「やはりfacebookでしょー!」と笑顔で答えた松宮さんは会場を湧かせ、ジェームス・スキナー氏も思わず拍手を送っていたワンシーン!!

 

 

松宮さんのお話の中で「やらないで後悔するよりも、やったほうがいい。過去にとらわれるよりも、行動した方がいい」という言葉がありました。サラリーマンとしてお仕事をしていた経験がある松宮さんならではのお話、そんな言葉がたくさん詰まっていたパネルディスカッションの時間でした。

 

 

セミナーに参加したり、本を読んだり、そんな自己投資ってとても価値があると思います。今の状態から一歩抜け出すためには、今までとは違う環境に触れたり、違う考えや価値観に触れるって実はとても大切。そして、自分に制限を作らない!これらは3人の講師が共通してお話していたことです。

 

 

講師の皆様はそんな時を経て、今があるのだとお話を聞きながら改めて考えるものがありました。

 

 

 

豪華な講師陣の集合写真もバッチリおさめて来ましたよ〜!左から松宮義仁さん、井上裕之さん、主宰の長倉さん、ジェームススキナーさん、苫米地英人さん。

 

 

うん。感無量!わたしもかなり気合いが入りました!

 

 

講演が終わった松宮先生とお話していると、何かまだ話足りてない様子・・・この思いを福岡をはじめ4月の講演にぶつけるそうです!!(笑)

 

 

このお話が聞ける福岡ってとても貴重かもしれません。昨日のセミナーは90分だったのですが、福岡は120分たっぷりお話して頂く予定です!!いや、もう決定しております。(かなりお得ですね〜♪)ぜひ4月のスタートダッシュとして活用して頂けたらと思います。

 

懇親会でも、参加者からの質問に熱くお応えしておりました!!やはり、最後はリアル!!やっぱり人と人がつながるって大切だと思います!!

 

 

4月9日(月)「個人ビジネスのためのソーシャルメディア活用セミナー in 福岡 〜個人ビジネスで継続して集客できる秘訣とは?〜 」が開催されます。

▼「個人ビジネスのためのソーシャルメディア活用セミナー in 福岡」の詳細はこちら

http://www.shinoshin.com/coachjp/20120225.html

 

新しい年度のはじまり、どうぞこれからもよろしくお願いします!!

ABOUT ME
竹村玲奈
ブロガー/SNSアドバイザー 2011年よりfacebookをはじめ、1ヶ月半で友達の数が5,000名となり話題となる。2015年にはニュージーランド政府観光局「#NZ旅を発信せよ!」ジャパンインフルエンサーのひとりとして選出される。 夢は世界のホテル&ホテルスパに行くこと。現在は、ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、プロモーションを行う。