#れなログ

インフルエンサーという生き方。立場について考えてみる。

こんにちは、竹村玲奈です。
今日は最近話題の「インフルエンサー」について書いてみたいと思います。

 

「インフルエンサーとして大切にしていることは何ですか?」と聞かれる時、私は「発信力だけでなく、求められるのは人間力だと考えて、発信する言葉ひとつひとつを大切にしています」とお伝えしています。

 

インフルエンサーとして活動する上で、その人の持つ「人間力」は何よりも大切な要素となります。

 

その人間力の中には「考え方、生き方、姿勢、心構え」その全てが詰まっています。シンプルに表現すると「キャラクター」や「その人らしさ」とも言えますね…

 

2011年に1ヶ月半でフォロワーが5,000名に増え。(当時のFacebookでは最速と言われていました!)気づいたら「インフルエンサー」と呼ばれるようになり、気づけば今年で8年目を迎えました。

 

今日は「今からインフルエンサーなりたい!」と思っている方や、今まさに「インフルエンサーとして頑張ってるよ!」という方に、私の失敗談も踏まえつつ、これまでの経験の一部を書いてみます。少しでもお役に立つことができれば幸いです。

インフルエンサーになったきっかけ

「顔出し+写真投稿+メッセージ性の高い投稿」を、徹底していた私のアカウントは一気に読者数が増えました。2011年5月Facebookに登録した後、1ヶ月半後には友達5,000人となりました。(その頃の上限は5,000人がmax、フォロワー制度なし)

 

女性で顔出ししている人が少なかったり、写真つき投稿をする人よりも、Twitterの延長線でつぶやいているだけの人が多かったので、写真投稿に止まる機会が多く、そういった意味でも運がよかったのかもしれません。

 

イベントに参加すれば、名刺交換の列ができて。記念写真にタグ付け、メッセージの嵐の中にいました。私が「インフルエンサー」という言葉を知ったのはその後のことでした。

 

何が一番変わったのかというと「周りの人からの対応」でした。常に有名人が来たとばかりに盛り上がる輪の中にいた私は、今思うと穴に入りたいくらい私自身も調子に乗っていたと思います。(反省)

インフルエンサーとしての活動

その後、福岡で活動していた私は東京に拠点を移し、Facebookの活用講座やセミナーの運営の仕事をはじめました。その頃から、少しずつ認知され「インフルエンサー」と呼ばれてお話をすることも増えました。

 

「●●企業のものですが、今回発売の新商品○○のSNSでのPRを行いたくご依頼させていただきたいです!予算に関しては〜」

 

「インフルエンサーとして●●企画にアドバイザーとして参加していただけませんか?」というメッセージが頻繁にくるようになったのもこの頃でした。化粧品、洋服、旅行、レストランと、様々な形でPRに関わりました。

 

また、インフルエンサーや発信力のある女性を集めて企画やイベントを開催するようになったのもこの頃。5,000人近くの応募の中から選んで頂き、レスリー・キー氏に撮影してもらったのも貴重な経験でした。

 

 

当時はFacebookでのインフルエンサーマーケが最盛期でしたね。本当に。その後、インスタグラマーの台頭、YouTuberが出てきたり、様々な形のインフルエンサーが誕生しました。

 

その頃、私は息子を出産しておりました(笑)

 

出産後は仕事に復帰しようと思ったものの、最前線には戻れず、潮が引くかのように人がいなくなったのも体験したし、実際にそれでもつながり続けてくださる人もいて、本当に大切な人が誰なのかが明確に見えた時期でもありました。

 

インフルエンサーとして、自分の言葉を発信する

その後も、インフルエンサーとしての活動を地道に続けていました。
人の波は引いてしまっていましたが、昔からのつながりで少しずつお仕事のご紹介をいただきながら、できることに取り組んでいました。

 

あとは、中洲でハンバーガー屋さんの立ち上げをしてましたね(笑)

 

2015年頃からは、息子も2歳になり仕事を少しずつ再開した時期でした。

仕事の幅も少しずつ変化し、海外プロモーションのお仕事にも選出される機会が増え、それがまた次の仕事のチャンスに繋がっていくことになりました。

 

自分自身の感じたこと、学んだこと、経験したことを、記事やコンテンツにすることで、プロモーションの一部になること。

 

そのために全ての経験を無駄にせず、発信することの大切さを身にしみて感じる事も増えました。

 

そんな中、離婚を終えて書いた記事がこちら。
いろいろ不安もある中、自分の中にある「けじめ」で書いた記事は1日で20,000PV超となり。いつもの数倍のアクセス数に(笑)

 

なんかいつも真面目な投稿しても見てもらえず、人の不幸は蜜の味なんだな〜と、肌で感じながらも、それでも見てもらえることが有難いとも思えました。ここまでくると人生全てはコンテンツだ!と心底思うわけです。

 

 

この記事を書いたことがきっかけで女性からのメッセージを多くいただくようになりました。

 

リアルな言葉を紡ぎだし、経験したこと、そこから学んだことを発信していくことは、誰かの役に立つということ。そして、ほんのちょっとでも心の支えとなることを改めて実感しました。

 

私自身の経験を少しずつでも言葉にして還元できればと思い発信スタイルも変えました。ちなみに、この頃から発信しているのが心の筋トレシリーズです。

 

心を鍛えることで目の前の出来事が変わっていくよ!ということをお伝えしています。

 

大学生の頃からブログを書き、発信をして、サロン運営などしてきた私にとって「発信することによって、人に影響を与えることの可能性」は感じてきたのですが、経験が伴わず、伝わらず、もどかしい気持ちになったこともたくさんあります。

 

自己啓発的な言葉も経験が伴わなければ、とても薄っぺらなものになります。それではやっぱり伝わらない。

 

経験そのものを自分の中で咀嚼して、自分の言葉として発信することができてはじめて、人に伝わるようになる。

 

そう思えるようになったのは、出産や離婚。そして、仕事がゼロになって立て直してきたことが影響を与えているように思います。

 

(別に苦労を強制する意味ではなく!自分が経験をどう身につけていくのかというお話です!)

インフルエンサーとして問われる「在り方」について

ワードプレスのレッスンを初心者向けにやっています

ここまで私の経験をお話してきましたが、インフルエンサーにおいて大切なのは「心の在り方」であり、発信力をあげるだけでなく「人間力」を高めることが本当に大切だと感じています。

 

数年間インフルエンサーとして活動をしていく中で、インフルエンサーを起用する企業さんの悩みにもたくさん触れる機会がありました。

 

同時に良くも悪くも様々なインフルエンサーさんにも出会ってきました。

 

これは私の持論ではありますが、「インフルエンサー」に支払われる報酬は、企業にとっての大切な「広告費」になります。

 

たまに見かけるインフルエンサーさんで「タダで化粧品もらえてラッキー!」とか「報酬もらえてます!(ドヤ!)」みたいな発言を見かけますが、商品を提供する企業さんの立場になった時に、どんな気持ちになるのかを考えてほしいと思います。考えればわかることだと思いますし…

 

私たちインフルエンサーは、企業さんにとって「大切な商品」を預かっているわけで、インフルエンサーの生き方そのもの、表現される言葉やコンテンツによって「商品イメージ」に影響を与えます。

 

そこを信用して企業さんも仕事を依頼してくださっているという、思いを大切にしてほしいと思うのです。

 

同時に「インフルエンサー」は企業とお客様の架け橋になるので、お客様にとって信頼性のある発信を常に心がけることも必要になります。

 

信頼性は日々の発信、日々の行動、言葉の端々から溢れる価値観。その積み重ねによって育まれていると私は考えています。

 

だからこそ、ひとりひとりの生き方。考え方。チャレンジしていること、これからの未来について。思う存分に発信していただきたいと思いますし、人間性、その人の持つキャラクターそのものを大切にして欲しいといつも思っています。

 

あなたにしかできない「発信」がある!!
インフルエンサーとして活動する上で、その人らしさは欠かせない要素です。

 

そこには小手先のテクニックなんかよりも「その人の生き方、在り方」が問われていることを、どこか頭の片隅に置いていただけたら幸いです。

 

私の描くこれからのインフルエンサー像について

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。
(長くなってしまい、すみません!)

 

SNSは無料ではじめることができますし、実際、発信力を持っている人もたくさんいます。私なんか…という表現はしたくはないですが、本当に上を見ればきりがなく、私が「インフルエンサー」について語るのは本当におこがましいことかもしれません。

 

もちろん、私の人間性が完璧ということもなく。まだまだ修行の身で、経験しながら学びながら、成長している真っ最中です。

 

ただ、この半年「インフルエンサー」という言葉が熱を持っていて、いろいろなところで話題になる中で、私なりの「インフルエンサー」というものを言語化したくなりました。

 

これからの未来で突然SNSが無くなる可能性は低く。逆に新しいプラットフォームがこれからも誕生していくと思います。その度に新しいインフルエンサーが誕生していくはずです。

 

私も第一線で仕事はできていませんが、企業さんと共に、新しいPRの形を一緒に見つけていきたいと試行錯誤しながら取り組んでいます。

 

ただ商品を提供されて発信するようなインフルエンサーマーケティングはもう終わり!!!

 

「企業の思い」「商品に込められた思い」そんな「人の気持ち」を受け取り、それぞれの得意な発信方法でお客様に情報を届けられる「能動的に発信できるインフルエンサー」が求められていくはずです。

 

私はそんな「能動的に発信できるインフルエンサー」を育てていきたいと思っていますし、そんな熱い思いを持っている方と企業をつなぐためのプラットフォームとして、これからもパートナー契約を結んでいきたいと思います。

 

ということで、「インフルエンサー」として活動している方も、これから発信力を高めてそれを仕事に変えていきたいと思っている方も、ぜひ、あなたの言葉、生き方を大切にしていただければ幸いです。

 

私もこれからも頑張ります!ぜひ一緒に仕事をできる日を楽しみにしています。

 

おまけ

最後に記事をご紹介させていただきます!
ぜひお時間ある時に読んでいただければ嬉しいです♪
感想やお問い合わせはTwitterのDMなど、お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせはこちらから

私の失敗談が詰まった記事はこちら!

あわせて読みたい
今だから言える!私が陥ったSNSの落とし穴と、乗り越えるための3つの心得。2011年5月 フェイスブックに登録。 約1ヶ月の間に、友だちが5,000人に。 当時、1,000万人に満たない利用者数...

最新の「美容プロモーション」はこちら!

あわせて読みたい
プラセンタジュエル 座談会
【座談会開催】美容ドリンク「プラセンタジュエル」ブロガー向け座談会を開催いたしました。SNS、WEBのコンテンツマーケティングを実施しております、竹村玲奈です。 2019年日本、上海、香港で同時発売される、植...

インフルエンサーマーケティングを考えている企業様へ

あわせて読みたい
ワードプレスのレッスンを初心者向けにやっています
企業のウェブ及び、SNSプロモーションに関するご相談についてSNS、WEBのコンテンツマーケティングに関する運営・実施サポートをしております、竹村玲奈です。 お問い合わせを頂くことも増えてき...

れなれながやっているサロンです♪

あわせて読みたい
#れなれなサロン 募集について れなれなこと、竹村玲奈です。 気づけばSNS&WEBの世界に入って14年。 SNSを活用して、人生を切り拓いてきまし...
ABOUT ME
竹村玲奈
ブロガー/SNSアドバイザー 2011年よりfacebookをはじめ、1ヶ月半で友達の数が5,000名となり話題となる。2015年にはニュージーランド政府観光局「#NZ旅を発信せよ!」ジャパンインフルエンサーのひとりとして選出される。 夢は世界のホテル&ホテルスパに行くこと。現在は、ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、プロモーションを行う。
RELATED POST