竹村玲奈の「心の筋トレ」

〜神様が教えてくれた、心を鍛えて「自分メディア」を育てる方法〜

郷ひろみ「ALL MY LIFE」、AKB48「365日の紙飛行機」イチローから学ぶ、プロセスを楽しむという生き方。

92 views
約 1 分

Sponsor Link

郷ひろみ「ALL MY LIFE」、AKB48「365日の紙飛行機」イチローから学ぶ、プロセスを楽しむという生き方。

早いことで、2016年も残すところあと3ヶ月となりました。
本当に早いですね…!!
このブログを書きながら私自身しみじみ感じています。

 

今年のはじめに「今年の目標」を書いたのに、達成していない!
あれ?思ったよりも軌道修正が必要かも?そんなことを感じている人もいるかもしれませんね。

 

どちらにせよ、2016年は残り3ヶ月。
その時間をどう過ごして、どう生きるかは自分次第。
残りの時間を大切に、丁寧に生きて行きたいですよね!
そんなことを考えながら、今日はブログをお届けしたいと思います。

 

郷ひろみ「ALL MY LIFE」は名曲。

%e9%83%b7%e3%81%b2%e3%82%8d%e3%81%bf02

実は私、郷ひろみさんがとても好きなんです。
ライブで「ひろみーーーー!!」と叫ぶ勇気はないけれど(笑)
おそらく、母の影響もあり、胎教も郷ひろみさんの曲だったことは間違いないわけです。

 

26歳でレディーガガのライブに行くまで、行ったことのあるライブは郷ひろみさんのみだったので、私の人生のほとんどは郷ひろみさんで出来ているのかもしれません。

 

そんな私が、郷ひろみさんの曲で1番好きな曲があります。
もはや、私のカラオケの定番であり、私の人生のテーマソングのひとつ。
それが、今日のタイトルにあります「ALL MY LIFE」という曲です。
1990年に発売されたアルバム「アメリカかぶれ」の最後から2曲目に入っている曲。

 

そして、特筆すべきは、こちらの楽曲の歌詞を書いているのが、秋元康さんだということです。歌詞を一部、ご紹介させて頂きます♡

 

「ALL MY LIFE」

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

少し急ぎすぎた
昨日までの道
そばに咲いていた花も
覚えていない

君と出逢ってから
もっと大事な
まわりの景色を教えられた

生きてくことは
行き先ではなくて
その途中を
楽しむこと

欲望なんて
底の抜けたカバン
いらない
all my life
君がいればいい

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

 

秋元康さんは、言うのです。
生きていくことは、行き先ではなくて、その途中を楽しむこと。

 

例えば、人生において、自分の夢や目標に向かって進んで行く時。
努力することって、とても大切だと思うんです。

 

ですが、その「努力」が「しなきゃいけない!」「頑張らなきゃいけない!」となっていると、その毎日がとても苦しくなってくるわけで、そんな時は、もう周りも見えない状態になっちゃうんだろうな〜って思うのです。

 

となると、「努力」することそのものを「楽しめるか」どうかがとても大切になってくるのです。「大変なこと」「苦しいこと」「辛いこと」それを超えるくらいの「夢」「目標」「情熱」があれば、大変なこと自体の意味ももちろん変わってきますし。

 

もはや、辛いことの中からも「楽しみを見出せる」その気持ちでいるからこそ、ある日、夢や目標が実現出来た時、「あ〜こんな場所に到達したんだな〜」と実感する日が来るのです。

 

AKB48「365日の紙飛行機」に共通点が…

365%e6%97%a5

昨年のNHK朝の連続ドラマ小説「あさが来た」の主題歌
365日の紙飛行機もまた、素晴らしい曲なのです。

 

この歌詞を見た瞬間。
秋元康さんが人生を懸けて伝えて行きたいこと。
アーティストが変わっても、歌う曲が変わっても、何年経っても、
シンプルに伝えたいことって、これなのかも…と思いました。

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

人生は紙飛行機
願い乗せて飛んで行くよ
風の中を力の限り
ただ進むだけ

その距離を競うより
どう飛んだか
どこを飛んだのか

それが一番大切なんだ
さあ心のままに
365日

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

 

この歌詞を読んでいて、感じるのは、行き先のことは何も述べてないんですよね。
距離を競うよりも、「どう飛んだか」「どこを飛んだのか」が大切って。

 

距離を競う(=結果)よりも、
どう飛んだか、どこを飛んだか(=過程)を大切にすることで、
見えることが確かに変わることを、秋元康さんは教えてくれているんだと思います。

 

また、365日の紙飛行機にはこんな歌詞もあるんです。

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

人生は紙飛行機
愛を乗せて飛んでいるよ
自信持って拡げる羽根を
みんなが見上げる

折り方を知らなくても
いつのまにか飛ばせるようになる
それが希望 推進力だ
ああ楽しくやろう
365日

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

 

はじめはみんなゼロからスタート。
確かに与えられた才能があるかもしれない。
だけど、与えられてもその才能を持っているだけでは、何もならないわけです。

 

やり方なんて知らなくても、いつの間にか飛ばせるようになる。
そこにあるのは、「やってやろうじゃないかー!」という希望や、それを行動に移す力、前に前に推し進めようとする推進力が大切なのだと。

 

そして、それを「楽しくやろう!」とシンプルに伝えているんです。
秋元康さん、とても素敵です。

 

プロセスにこそ、人生の醍醐味が散りばめられている

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc

メジャーで3,000本安打という素晴らしい記録を打ち立てた、イチローさんも。
はじめからプロだったわけではなく、小さい頃から、野球が好きで、好きで、ずっと練習して、練習して、プロになっても、日々の努力をして、自分の持つものを磨き続けて来たからこその記録なんですよね。

 

自己管理、常に同じことに真摯に取り組み続けることが、どれだけ大変なことなのかは、私たちの想像を超えると思いますが、その過程すら、淡々と黙々と、研究しながら、楽しみながらきっとやっていると思うんです。

 

3,000本安打記録を樹立した際のインタビューにこんな言葉が残っています。

 

ー3000安打を達成した率直な気持ちから。

「この2週間強、ずいぶん犬みたいに年取ったんじゃないかと思うんですけど、あんなに達成した瞬間にチームメートたちが喜んでくれて、ファンの人たちが喜んでくれた。僕にとって3000という数字よりも僕が何かをすることで僕以外の人たちが喜んくれることが、今の僕にとって何より大事なことだということを再認識した瞬間でした」

自身の記録以上に、僕以外の人の喜びが自身の喜びにとなっている、素直な気持ちが伝わってきます。きっと、練習している時も、何をする時も、「イチロー」として子ども達や応援してくださるファンに対して、喜んでもらいたい!そんな気持ちがあったのだと想像出来ますよね…

 

 

―― 一般の人間には達成感が今後の目標に向けての邪魔になる。3000本の達成感をどうやって消化して次の目標に進んでいくのか?

「え、達成感って感じてしまうと前に進めないんですか。そこが僕にはそもそも疑問ですけど、達成感とか満足感っていうのは僕は味わえば味わうほど前に進めると思っているので、小さなことでも満足感、満足することっていうのはすごく大事なことだと思うんですよね。だから、僕は今日のこの瞬間とても満足ですし、それは味わうとまた次へのやる気、モチベーションが生まれてくると僕はこれまでの経験上信じているので、これからもそうでありたいと思っています」

 

この言葉からも、様々な解釈があると思いますが、私自身は、日々、目の前のこと、練習することも幸せで、今日も一日元気で過ごせたことも幸せ。元気に走って、今日もバットが振れる幸せ。たくさんの幸せをイチローさんは感じていらっしゃるんだと思いました。

 

幸せや満足感を味わって終わりではなく、次に前に進むための原動力になっているのも、とても力強く、私たちに勇気を与えてくれます。

 

編集後記:これからどんな日々を送るのか…

20160527-DSC_2803

今日は、郷ひろみさんの「ALL MY LIFE」
AKB48さんの「365日の紙飛行機」をご紹介しました。
作詞はもちろん、秋元康さん。

 

ALL MY LIFEから約25年経ってもなお、秋元康さんが伝えたいこと。
それが、「生きるということは、行き先じゃなくて、その過程を楽しむこと」
「距離を競うのではなく どう飛んだのか、どこを飛んだのか」この部分を読むだけでも、通じるものがたくさんあり、読めば読むほど、感じることがあります。

 

自分の人生を見た時に、目指すものがなんなのか、行く先をどこに見据えるのかってとても大切で、そこに行くために、今日という1日を、どれだけ丁寧に真摯に向き合えるかが大切なんだと、この数ヶ月より実感するようになりました。

 

そこで起こる、些細なこと、大変なことや、悩みや壁さえも、ある日、その雲を抜けた時に、「あぁ〜これで良かった」と思えるんじゃないかと思うのです。というか、その道の過程そのものが、やっぱり楽しいんですよね…

 

その時に、あの時の頑張ったことも、誰かとぶつかりあって意見を交わしたことも、答えが見つからずずっと考えていた夜も、全部が面白くて、楽しくって素晴らしいストーリーへと変わっていくのです。

 

でも、大切なことを忘れてはいけません。
その過程そのものを「楽しむこと」それがすべてにつながるということです。
何気ない日々の中にある、些細なことを楽しむからこそ、努力することも、頑張ることも、ずっと続けていけるんだと思います。

 

今日ご紹介した曲は、そんなエネルギーをたくさん与えてくれる曲です。
そして、それを体現し続けているイチローさんのインタビューもまた、私たちに多くの影響を与えてくれます。

 

長文となりましたが、私もまだ道の途中です。
体現していく人となれるように、今日もまた一歩ずつ。やれることをコツコツやる。
その積み重ねを大切に過ごしていきたいと思います。

 

残り3ヶ月もしっかり楽しんでいきますよー!
最後までお読み頂きまして、ありがとうございます♡

 

曲の紹介、参考参照サイトはこちら

「ALL MY LIFE」歌詞はこちら

「365日の紙飛行機」歌詞はこちら

◎イチローさんの3,000本安打記録樹立インタビュー
http://full-count.jp/2016/08/08/post41618/

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)