竹村玲奈コラム

また会いたい!と思われる、働く女性のための「会話力」を磨く3つの方法

「なんとなく職場の人とうまくいかないんです」

 

実は、カウンセリングをしていてよく頂く相談のひとつです。そして、この「なんとなく」の中に含まれている悩みの中で多いのが「コミュニケーション」の問題だったりします。

 

コミュニケーションと言っても様々ですが、今日は「会話力」について、カウンセラーの視点でちょっと書いてみようと思います。

 

この「会話力」には「話し方&聞き方」の両方が含まれています。話し方が上手になりたい!と思う方は多いですが、話し方を磨く前に、「話の聞き方」を磨くことの方が「お話上手」になる近道だったりします。

 

いくつかのポイントを押さえるだけで格段に「聞き上手」になります。それだけでなく、「また会いたい!!」そう思って頂ける可能性がぐーんと高くなります。

 

 

「聞き上手」のポイントはお話をしている方が安心してお話が出来る場をつくるのが理想です。

 

1)相手の話を耳と心できく

 

実は相手の話を聞いているようで、頭の中で違うことを考えていたり、次に何を話そうかな〜と考えてしまうことがあると思います。実はその雰囲気って相手に伝わってしまうもの。そうなると相手は話しづらくなってしまったりします。というか、聞いている相手が心ココに入らずだったら悲しいですよね?

 

相手がお話をしている時には、全身全霊で聞く。
聞くことに集中する。これが鉄則です。

 

2)聞いてるよ〜というサインを送る

 

さて、話を聞くことに集中することが大切だとお伝えしたのですが…
そこで、うんともすんとも言わずにただじーっと聞いていると、相手は「この人聞いているのかな〜」って不安に感じてしまいます。

 

聞いているときは、ありきたりですが、相づちをうったり、うなずいたり、質問してみたり、ちゃんとサインを送ることが大切。

 

この聞いているよっていうサインにもいろいろな種類がありますが、この相づちなどの「テンポ」や「意識しすぎ」はまた違和感になるので、そこもまた磨いていきたいものだったりします。(この話はまた今度〜♪)

 

「うん」「そうなんですね」「なるほど」
共感してうなずいているのも、相手に気持ちは伝わります。

 

●相手の話をジャッジしない

 

これは実はとても大事なことだと思います。良い・悪いで判断することって実は簡単なので、ついつい相づちをうつときに「いいね〜」「それやだ〜」なんて言ってしまいますが、実はそれは「あなたの価値観」だったりします。

 

話を聞く中で大切なのは、「相手のお話をありのまま受けとめる」ということです。いや!本当の友達だったらダメな時ははっきりダメっていうのが友達だ〜って言われる方がいるかもしれませんが、それとこれとは話は別。相手が求めない限り、自分の意見を伝える前に「まずは相手のことを受け入れる」ことが大切だったりします。

 

 

最後になりましたが、「話を聞く」というのも、人それぞれのスタンスがあります。何よりもあなた自身が無理をしないのが一番。でも、コミュニケーションに悩んだ時は、自分の「聞き方」「話し方」を見直すことが大切だと思います。そして、相手の話をあなたがどう捉えるのかという部分も結構大切だったりします。

 

ぜひ、意識してみてください。あなたの「聞く」という意識が、相手を安心させ、「話をしやすい雰囲気づくり」につながります。それは結果的に「また話をしたい!」「また会いたい!」そう思うきっかけとなるのです。

 

 

また会いたい!と思われる、働く女性のための「会話力」を磨く方法でした。まずはトライしてみてくださいね。慣れてくると、話を聞けている自分を実感するようになってきます。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

ブログへの感想大歓迎です!また、あなたがお話を聞く時に大切にしていることなどあれば、ぜひシェアして頂けると嬉しいです。あなたのコメントが誰かの役に立ったり、勇気になる、わたしはそう考えています。

ABOUT ME
竹村玲奈
ブロガー/SNSアドバイザー 2011年よりfacebookをはじめ、1ヶ月半で友達の数が5,000名となり話題となる。2015年にはニュージーランド政府観光局「#NZ旅を発信せよ!」ジャパンインフルエンサーのひとりとして選出される。 夢は世界のホテル&ホテルスパに行くこと。現在は、ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、プロモーションを行う。