竹村玲奈の「心の筋トレ」

〜神様が教えてくれた、心を鍛えて「自分メディア」を育てる方法〜

また会いたい!と思われる、働く女性のための「会話力」を磨く3つの方法

94 views
約 1 分

Sponsor Link

また会いたい!と思われる、働く女性のための「会話力」を磨く3つの方法

「なんとなく職場の人とうまくいかないんです」

 

実は、カウンセリングをしていてよく頂く相談のひとつです。そして、この「なんとなく」の中に含まれている悩みの中で多いのが「コミュニケーション」の問題だったりします。

 

コミュニケーションと言っても様々ですが、今日は「会話力」について、カウンセラーの視点でちょっと書いてみようと思います。

 

この「会話力」には「話し方&聞き方」の両方が含まれています。話し方が上手になりたい!と思う方は多いですが、話し方を磨く前に、「話の聞き方」を磨くことの方が「お話上手」になる近道だったりします。

 

いくつかのポイントを押さえるだけで格段に「聞き上手」になります。それだけでなく、「また会いたい!!」そう思って頂ける可能性がぐーんと高くなります。

 

 

「聞き上手」のポイントはお話をしている方が安心してお話が出来る場をつくるのが理想です。

 

1)相手の話を耳と心できく

 

実は相手の話を聞いているようで、頭の中で違うことを考えていたり、次に何を話そうかな〜と考えてしまうことがあると思います。実はその雰囲気って相手に伝わってしまうもの。そうなると相手は話しづらくなってしまったりします。というか、聞いている相手が心ココに入らずだったら悲しいですよね?

 

相手がお話をしている時には、全身全霊で聞く。
聞くことに集中する。これが鉄則です。

 

2)聞いてるよ〜というサインを送る

 

さて、話を聞くことに集中することが大切だとお伝えしたのですが…
そこで、うんともすんとも言わずにただじーっと聞いていると、相手は「この人聞いているのかな〜」って不安に感じてしまいます。

 

聞いているときは、ありきたりですが、相づちをうったり、うなずいたり、質問してみたり、ちゃんとサインを送ることが大切。

 

この聞いているよっていうサインにもいろいろな種類がありますが、この相づちなどの「テンポ」や「意識しすぎ」はまた違和感になるので、そこもまた磨いていきたいものだったりします。(この話はまた今度〜♪)

 

「うん」「そうなんですね」「なるほど」
共感してうなずいているのも、相手に気持ちは伝わります。

 

●相手の話をジャッジしない

 

これは実はとても大事なことだと思います。良い・悪いで判断することって実は簡単なので、ついつい相づちをうつときに「いいね〜」「それやだ〜」なんて言ってしまいますが、実はそれは「あなたの価値観」だったりします。

 

話を聞く中で大切なのは、「相手のお話をありのまま受けとめる」ということです。いや!本当の友達だったらダメな時ははっきりダメっていうのが友達だ〜って言われる方がいるかもしれませんが、それとこれとは話は別。相手が求めない限り、自分の意見を伝える前に「まずは相手のことを受け入れる」ことが大切だったりします。

 

 

最後になりましたが、「話を聞く」というのも、人それぞれのスタンスがあります。何よりもあなた自身が無理をしないのが一番。でも、コミュニケーションに悩んだ時は、自分の「聞き方」「話し方」を見直すことが大切だと思います。そして、相手の話をあなたがどう捉えるのかという部分も結構大切だったりします。

 

ぜひ、意識してみてください。あなたの「聞く」という意識が、相手を安心させ、「話をしやすい雰囲気づくり」につながります。それは結果的に「また話をしたい!」「また会いたい!」そう思うきっかけとなるのです。

 

 

また会いたい!と思われる、働く女性のための「会話力」を磨く方法でした。まずはトライしてみてくださいね。慣れてくると、話を聞けている自分を実感するようになってきます。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

ブログへの感想大歓迎です!また、あなたがお話を聞く時に大切にしていることなどあれば、ぜひシェアして頂けると嬉しいです。あなたのコメントが誰かの役に立ったり、勇気になる、わたしはそう考えています。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 竹村先生!おはこんにちは!大事ですね!話術よりも、聞き上手になり、信頼関係を育む!毎日意識してやっていきたいですね!

  2. 相手の目をみて・タイミング良くうなずく。時にはオウム返しなどをしながら
    私はあなたに共感しますよう、っていう態度を表すことが必要ではないでしょうか。

  3. 高嶺さまへ  コメントありがとうございます。その通りですね^^☆カウンセラーやコーチングを生業とされている方は自然とやっているんですよね。オウム返しやペーシングなど、上手に活用することは必要だと思います^^♪ ありがとうございます!

  4. 竹村さん>いつもありがとうございます。

  5. こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
    人の話を聞くって、意識していないと、ふと、目線がそれたりしてるのがきになります

  6. こんばんは、お疲れ様です。このあともお元気でお過ごしください。

  7. 一番意識しているのは、最後までしゃべってもらうことかなと思います。
    途中で口を挟まず、しゃべり終えてから、聞き返してみたり、引っかかったことを口に出して、相手に広げてもらったり主導権はあなただよと思わせて、こっそり誘導させて操っているのが好きです。

  8. 佐々木 真紀子

    こんばんは。確かにおっしゃるとおり。私今週からまた、電話でソフトウェアのお悩み相談的な事をしてますが、本当に相手を受けとめないと駄目ですね。それをしてあげれば文句出そうな回答でもうまく収まったりするので不思議なものです。

  9. 子供の話を聞くときにも通じるものがあるなあと思って読ませていただきました。子供たちはとても敏感で、私が上の空だったり聞いていないと、
    「ちゃんと聞いて!」とか「聞いてるの?」って言います(^^;;
    目と心で聞かなくちゃいけないですね。
    忙しくてでもできるだけ、どっしりと構えて、腰をすえて聞くようにしなくちゃと思うのだけれど、それができないこともあって反省することもしばしばです。
    お友達の相談事とか、愚痴など聞くときは、とにかくじっくり聞きます。友達は相談したり愚痴を言いながらも実は心は決まっていたりするので、あえて私の方からこうしたほうがいいとかいろいろは言わずとりあえず聞いて見るようにしています。

  10. こんばんは。
    うちの高1の娘。此方が上の空だと決まって僕の視線まで歩み寄って、顔を近づけて、「聞いてないでしょ!」と強引。年頃の娘に跨られたり、馬乗りにされたり、、。おとんは嬉しい。(^-^)/

  11. 田中 弘徳さん、娘さんと仲いいんですね♪素敵です♪♪♪私も子どもたちとはいつになっても語り合える関係でいたいなとおもいます。

  12. いつも誠実なコメントをありがとうございます。お陰様で仲良くやってます。僕が子供に合わせて「お子ちゃま」を演じている事も知らずに…と思っていたら、実は彼女たちその上をいっているらしい事を母親から聞いて愕然。確かにいつまでも子供じゃないよね。

  13. 素晴らしい聞き方です!共感しました。
    わもん(話聞)と同じ聞き方です!^^
    http://www.wamon.co.jp/

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)