竹村玲奈の「心の筋トレ」

〜神様が教えてくれた、心を鍛えて「自分メディア」を育てる方法〜

【万年筆専門店 KA-KU 福岡】インク工房®(SAILOR)ではじめてのオリジナルインクを作って頂きました!

413 views
約 1 分

Sponsor Link

【万年筆専門店 KA-KU 福岡】インク工房®(SAILOR)ではじめてのオリジナルインクを作って頂きました!

いつもお世話になっている、天神大名にある万年筆KA-KUさんに
「インク工房」のインクブレンダー石丸さんが来福されるということで、お邪魔して来ました!

 

「インク工房」では、セーラーのインクを混ぜ合わせ、世界でひとつだけのオリジナルインクを作成してくださるんです。

 

イベントが決まった時からお話を伺っていたので、この日を楽しみにしていました。

 

ニュージーランドで見た、プカキ湖をイメージして…

どんなインクを作るかは、本当に人それぞれだそうです。
「どんな色をお作りしましょうか?」という問いかけに、
口頭で「こんな色がいいな〜!」とイメージを伝える方や
写真や資料を持って来て「この色を!」とお願いする方もいらっしゃるそうです。

 

店長の狩野さんに、
「作りたい色を決めておくといいよ〜!」
と、アドバイスを頂き、
私自身も、どんな色を作って頂くのか、
この1ヶ月、さまざまな色を見て考えていました。

 

そして、たどり着いたのがこちらの写真。

この写真は、ニュージーランドの南島にある「プカキ湖」で撮影した一枚。
この湖は、氷河の雪解け水でできているんです。

 

この場所にたどり着いた時には曇り空で、
ちょっとくすんで見えていた湖が、
太陽の光に照らされて、一気に色が変わっていった瞬間の一枚。

 

「#NZ旅を発信せよ」で一緒に行ったメンバーで
あまりの綺麗さに感動した場所のひとつ。
その感動を色に込めたいな〜とお願いしました!

 

ちなみに…
氷河でできた湖は、ミネラルや岩の成分を多く含んでいて、
太陽の光が湖に当たると、青系統の色が光り輝くそうです!
太陽の光によって美しい青色だけでなく、
エメラルド、ターコイズ、さまざまな色を感じさせる湖でした。

 

写真を見せて、お話をすると「承知致しました!」と、
インクボトルから、スポイドでインクを取り出し、
インクパレットの上に出して混ぜ合わせました…

 

その時間、ほんの数十秒。
そして、写真の湖に近い色をさらりと生み出した石丸さん。

 

目で見た色を、原色のインクの掛け合せで、生み出す世界。
石丸さんの職人技。あまりの素晴らしさに、胸が震えました。

石丸さん「この色はいかがでしょうか?」
「素敵〜!!少し青を増やすことは出来ますか?」
石丸さん「やってみましょう!」
というコミュニケーションを取りながら、色を少しずつ調整されます。

 

そして、4色ほど作って頂き、最後にたどり着いた答えは、
石丸さんに、1番はじめに提案して頂いた色が、1番好きだと気づく…
(いろいろ作っていただいたのに、すみません!)

 

石丸さんからは、
「ジンクスがあってですね。インク工房でインクを作られる多くの方が、
結局、1番はじめに提案した色を選ばれることが多いんですよ…」
と、その日のランチタイムにスタッフとお話をしていて、盛り上がっていたそうです。

 

お話しながら、コミュニケーションを取りながらの創造する時間。
ひとり15分の枠しかないのですが、
その一瞬で、引き込まれる魅力がたくさんありました。

 

書いた後、少しずつインクの色が変わって来て、
青の奥、遠くに緑が見えるような色。
石丸さん、すごいー!!!!すごすぎるーーーー!!!!

 

インクに名前をつけてください。ということで、
名前を「Pukaki(プカキ)」と名付けました。

ちなみに、バーテンさんがお酒を作る、
「シェイカー」を使って、インクを混ぜ合わせられていました。
今回作って頂いた色は、泡が立ちやすいということで、
優しく混ぜ合わせられたそうです。

 

もともと、バーテンさんなのかな…?と思って、
(蝶ネクタイだし、バーテンさんのような雰囲気だし…)
と、インターネットを拝見していると、
バーテンさんのアルバイトの経験があるとか…!
なるほどー!!

ボトルインクには、それぞれ番号がつけられて、
次に、その番号と名前が書かれた「カード」を見せることによって、
ボトルをリピートオーダーすることができます!
(昔はインターネットでもお願いできたそうですが、今はお会いした時の限定販売のみ!)

 

最後に石丸さんにサインを頂きました。
この爪先や、指にさまざまなインクがしみ込んでいて、
本当に美しい手だな…と、感じる一枚。

石丸さん、本当にありがとうございます!
大切に使わせて頂きます。

 

KA-KU福岡 限定オリジナル万年筆ヴァーヴェナ

そして、この日はKA-KU福岡店オリジナル万年筆が発売される日でもありました。

KA-KU福岡店オリジナル万年筆には、
この万年筆を使った方が幸せになりますように…と、
店長のこだわりがたくさん詰まっているんです。

今回、購入の決め手は、
大好きな「ハニカム構造」がペン先にあしらわれていたから…

 

ハニカム構造は、自然界で1番強度のある構造と言われいる構造。
最小限の材料で、一番強度のあるものなんですよね…
なので、段ボールの断面や、掃除機やドライヤーの
通気口にも見ることができます。

 

ちなみに…
正六角形というのは、亀の甲羅の形にもあり、
亀の甲羅のように固く身を守る:長寿、健康
紙幣の象徴:金運
としても、正六角形は縁起が良いものなんです!

 

ということで、新しい万年筆も仲間入りして
また改めて万年筆に魅了されております。

 

使えば使うほど、味わい深くなるのが万年筆の世界。
まだ、使って間もないものや、使い始めて3年目を迎えるものまで…
愛をたっぷり注ぎながら、これからも使っていこうと思います。
万年筆を教えてくださったH氏には、心から感謝しております。

 

KA-KU福岡 万年筆専門店

素敵な店長がいるお店です!
「万年筆、どれを選んだらいいか分からない!」
そんな時には、ぜひ相談してみてくださいね。

住所:福岡市中央区大名1丁目10-5
電話:0927343078
ホームページ:KA-KU福岡店公式サイト

 

インク工房

イベントページはこちらから
宇部出身のインクの魔術師の石丸さんとの時間。
石丸さんのインクを作る瞬間は神様が魔法をかけているみたいでした♪

万年筆が大好きな方も、初心者の方も、
オリジナルのインクを作ってみたい!という方は、
ぜひ、石丸さんのイベントに行かれてみてくださいね♪
素敵な色との出逢いが、そこで待っているはずです!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)