竹村玲奈の「心の筋トレ」

〜神様が教えてくれた、心を鍛えて「自分メディア」を育てる方法〜

リッツカールトン大阪 クラブフロアで頂くアフタヌーンティーと滞在記

2069 views
約 1 分

Sponsor Link

リッツカールトン大阪 クラブフロアで頂くアフタヌーンティーと滞在記

今日、お届けするのは、リッツカールトン大阪に滞在した際の記事になります。
リッツカールトン東京に引き続き、お世話になりました。

 

やはり、驚かされたのは、タクシーで到着した際に、「○○様」と、名前で呼ばれたこと。
キャリーケースに名前のついたタグが付いている訳でもなく…
タクシーで到着したのに…

 

これがリッツカールトンの魔法(ミスティーク)なんだな…と、いきなり驚かされました。

 

そして、そこからは名前のバトンが繋がって行きます。
ベルボーイさんから、ロビーのスタッフへ、そこからエレベーターで案内されて、クラブフロアのスタッフの方へ、また名前が繋がっていきます。

 

クラブフロアにてチェックイン

DSC01353

まずはウェルカムドリンクで乾杯♡
そのまま、チェックインとともにアフタヌーンティーの準備が始まりました。

 

DSC01365

今回も1名分で準備をして頂きました。
リッツカールトン東京に比べると、スコーンなどは一回り大きい印象。
人数分でなくても大丈夫なので、一緒に行かれる方と相談するのも良いかもしれませんね。

 

DSC01366

ひとつひとつがとても可愛く、食べていてテンションが上がるのがアフタヌーンティーの魅力のひとつですね♡

 

クラブフロア クラブデラックスへ潜入♡

実は、当日の明け方4時頃に、「そうだ大阪へ行こう!」となり、そのままホテルを予約して下さいました。 予約が急だったこともあり、希望の部屋が空いておらず、今回はクラブデラックスのお部屋となりました♡

 

DSC01372

お部屋はダブルベッド。ヘッドがとても可愛く。
クラシカルな雰囲気がリッツカールトン大阪らしく、とても好きです♡

DSC01373

ゆっくりお話をするのに抜群のソファ♡オットマン付きがまたありがたい…

 

DSC01375

リッツカールトン大阪でのお気に入りのひとつは、こちらの鍵でした。
カッコイイ!とても素敵ですよね…

 

DSC01381

ホテルのアメニティは、リッツカールトン東京と同じ『Asprey』ものでした。
イタリア製の大理石に囲まれた、バスルームは白を基調としていて、明るくて品のある印象でした。

 

DSC01384

リッツカールトンのロゴが可愛いタオルたち♡
分厚くて重いタオルを使う度に、やっぱりホテル好きだな〜と思うのです。

 

DSC01382

イギリス製のアスプレイ♡
アスプレイの香りもまた豊かな香りなので、旅行の際には、ランジェリーポーチの中にこちらの石けんを忍ばせて、香りを楽しんでいます。

 

DSC01387

ベッドが高いので、お姫様になった気分になります♡
というのは冗談ですが(あながち冗談ではないのですが…)
柔らかいベッドで私は個人的に好きです。

 

DSC01377

窓辺にあるデスクでお仕事をさせて頂きました♡
引き続き、リッツカールトン大阪の滞在記をお届けいたします。

 

2017年春リッツカールトン大阪はリニューアルを随時されています。
これからまた伺うのが楽しみですね!

 

リッツカールトン大阪 詳細

住所:〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5-25
電話:06-6343- 7000
ホームページ:https://www.ritz-carlton.co.jp

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)